企業の情報開示の重要性とは



ESG(環境:Environment 社会:Social ガバナンス:Governance)は、企業が長期的に成長していくための考え方として、世界各国で取り入れられつつある。その中でも、今回は企業の情報開示の重要性について言及していきたい。


企業が長期的に成長していくためには、従業員のケアが欠かせない。メンタル・休暇・給料など、大規模の会社になればなるほど、重要になってくる。他にも、環境や社会の面で各企業が取り組んでいくべき課題は山積みになっている。そのようなESGはただ行っていればよいわけではなく、取り組んでいるという証明、つまりデータの開示が企業には求められる。現時点では、データの開示義務は施されていないが、近い将来データの開示が義務付けられる日は来るのかもしれない。そこで、ここでは企業の情報開示の重要性について焦点を当てていく。


上場企業のESG情報開示例として、いくつか紹介したい。

①:キリンホールディングス株式会社においては、環境面では海洋プラスチック問題や気候変動課題について、社会面では売上高やサプライチェーン・年間総労働時間などについてなどを報告している。


記事の続きは…

www.sophia-community.com を定期購読してお読みください。