貸借対照表の概要




みなさんこんにちは、Kenichiです。

本日は財務諸表のうちのひとつ、貸借対照表について解説していきます。

今回のコンテンツを勉強すれば、株式投資において財務健全性、つまり事業体の安全性が分析できるようになります。


それでは初めていきましょう。


貸借対照表の概要



資産・・・会社が持っている財産

流動資産・・・通常短期間(1年以内)に現金化、費用化できるもの

固定資産・・・流動資産に属さない資産


負債・・・広義では、支払義務、返済義務のあるもの。将来費用や将来の損失も含む。

流動負債・・・一年以内に返済期限のあるもの

固定負債・・・一年以上返済期限まで猶予のあるもの

純資産・・・会社の本当のお金。自己資本とも言われる。資本金や利益剰余金(内部留保)なども含まれる。


安全性を図る指標

自己資本比率・・・自己資本÷総資本。すべての資産のうち、どれだけ自分の資本があるかを考える指標。


0件のコメント

最新記事

すべて表示
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png