【実録】アメリカの貧困層の食事は?健康的な食事は採れるの?



近年最注目を集めるアメリカの貧困問題

今回はそんなアメリカの貧困層がどのような食事をとっているのか。


また十分な食事が取れているのかについて解説する。



アメリカの貧困層は健康的な食事が採れるのか

アメリカでは「食の砂漠」と呼ばれる地域があり、栄養価の高い食事が手に入りにくい地域が存在している。

そのような地域では糖分や脂肪分が多く使われるファストフードや加工食品が多く提供されており、中々健康的な食事とは言えないのが現状である。


アメリカでは肥満問題なども社会問題として存在しているが、貧困問題とこのような健康問題というのは切っても切れない関係なのかもしれない。


広大なアメリカという土地では、その広大さ故に様々な格差が生まれていることも事実かもしれない。

特に同じ国の中でも文化的な違いは大きなものがありそうだ。




貧困層の食事例

アメリカでは貧困解決としてフードスタンプと呼ばれる食費補助対策の栄養補助プログラム(Supplemental Nutrition Assistance Program=SNAP)が存在する。

金券の一種のようなもので、スーパーマーケットなどでも利用できる。


時間の流れとともにより栄養価が高い食品を配布することが重視されるようになっており、近年では缶詰などのほか旬の野菜や乳製品なども配布されるようになっているようだ。


ただし、このフードスタンプの取り組みはタバコやお酒などは除かれるようになっている。


また、アメリカでは教会などが炊き出しを行う取り組みをしている地域もあり、助け合いや治安維持にもつながっているのではないだろうか。

その国の財政状態などにもよるが、こうした仕組みや制度はより教育水準を高めたり、子供達の発育水準を高めることができるようになることが予想できる。


自責思考を持ちつつも、まずは今日健康的な食事が人類全体で共有できることも大切なことではないだろうか。


まとめ

豊かな国の象徴と思われる巨大国家アメリカ。

しかしその肥沃な大地はまだ完全に全ての人に豊かさをもたらしているようではないようだ。

文化的な背景などはさらなる技術発展などによりより洗練された形で多くの人と共有されることが考えられるため、今後の取り組みにさらなる期待ができそうだ。



0件のコメント
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png