【大調査】アズビルの株価は?ESGへの取り組みについても大調査



制御・自動化機器大手のアズビル。

今回はそんなアズビルの株価分析と、ESGへの取り組みについて調査していく。


アズビルの株価は?

アズビルの株価は2022年現在3910円。

時価総額は5612億円と大型銘柄の部類に入る。

月足では2021年1月14日に6120円の高値をつけた後に下落に転じ、出来高も高値をつけた月以前の水準に戻っている。

売上営業利益率は10パーセント大と高水準をキープしており、自己資本比率も71.5パーセントと高い水準だ。

成長性にはばらつきがあるものの、ここ3年では増加傾向にある。



アズビルのESGについての取り組みは?

アズビルグループは2030年までに以下の四つの指標を挙げている。

1.環境・エネルギー

2.新オートメーション

3.サプライチェーン・社会的責任

4.健幸経営・学習する企業体


環境・エネルギーではCo2削減に向けて340万トンを掲げている。

340万トンというのは、個体である1ヶ月間の鉄鋼輸出量にも匹敵する量になる。

これは指標を引き上げる前から既に掲げていた数値目標。

さらに新製品に関しては100パーセントリサイクル可能な状態にすることを目標としている。

また健幸経営においては女性活躍推進を目指しており、より多様性の重視された社会の実現へと奔走している。

時価総額5000億円越えという一大企業であるからこそ、その社会的責任は大きいものがある。


まとめ

今回はSDGsメディアIcebergの中でも最大級の時価総額を誇るアズビルについて調査した。

本サイトFuji-Zakuraでは貧困課題解決のため金融知識から資本主義を生き残るコツまでを月額4,000円で提供している。

現在コンテンツ数は100本を超え、今後もコンテンツを増強していくつもりだ。

本サイトカテゴリーメニュー「学ぶ」から閲覧が可能だ。

0件のコメント
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png