【児童労働なしのカカオへ】ブラックサンダー有楽製菓の取り組みとは?



チョコレートが好きな人も多いのではないだろうか。


チョコレートはカカオ豆から生産されていることは知っている人も多いだろうが、カカオ豆の生産に児童労働問題があることを知っている人は少ないのではないだろうか。


今回は、ブラックサンダーを販売する有楽製菓の取り組みとカカオ豆にまつわる児童労働の実態を紹介する。


ブラックサンダー「有楽製菓」の取り組みとは?

有楽製菓の主力商品は、1個30円ほどの人気チョコバー「ブラックサンダー」。


有楽製菓によるとブラックサンダーの原料に使うカカオを児童労働に頼らず収穫されたものへ切り替えると発表した。児童労働撤廃の対策を取ったカカオだけで主力商品を作るのはまだ珍しく、原料変更で数%のコスト高になるが値上げの予定はないということだ。


有楽製菓は2025年までに同社で使用するカカオを全て児童労働に頼らないカカオに切り替える予定。


日本で使われるカカオの8割は西アフリカのガーナが占めている。日本のチョコレートメーカーにとって、カカオ農園に関する児童労働問題は、大きく関わりがある。


日本の代表的なチョコレートメーカーである、森永製菓は売り上げの一部をカカオ生産国の支援に活用。また、明治製菓はサステナブルカカオ*から作られたチョコレ