なぜ企業は地域社会貢献が必要なのか?

更新日:10月10日





ESG(Environment Social Governance)において、「地域社会貢献」が注目されている。

今回は、地域社会貢献の必要性とSDGsとの違いについても追求していきたい。



企業に地域社会貢献が必要な理由は、主に3つある。


1つ目:企業の価値やイメージ向上

企業が経営を続けていくためには、利益を出し続けなければならないが、その手段としても地域社会貢献が推奨できる。

自社の商品やサービス以外で他社との違いを見出し、アピールしていくことで、結果的に企業の価値やイメージが向上する。


2つ目:やりがいの創出

「企業のために」ではなく「社会のために」という意識を持って行動することで、日常の業務とはまた違うやりがいを生み出すことが出来る。

誰かを助け、喜ばれることに嬉しさを覚えるように、地域社会に貢献することでより大きな嬉しさややりがいを得ることが出来る。


3つ目:資金調達の助長

企業に投資する人々にアピールする手段としても地域社会貢献は有効だ。

投資家がどの企業に投資するかを判断する際に、企業がどれだけ地域社会に関わりを持っているかも重要な判断材料と言える。