【SDGs】エネルギーをみんなにそしてクリーンにの意味は?

今回の記事ではSDGsの開発目標である「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」の意味が分かりにくいという疑問を受けて執筆しております。


エネルギーをみんなにそしてクリーンにの意味は?

簡潔に言うと、エネルギーをみんなにそしてクリーンにというのは環境や生き物への影響を最小限にしたエネルギーを多くの人に届けていこうという試みのことです。

現在エネルギー源といえば多くのものが考えられますが、発電するにあたり多くの産業廃棄物を排出してしまい地球や人間を含めた多くの生き物に悪影響をものも少なくありません。

そのようなエネルギー開発方法にばかり頼っていては持続可能社会の実現は難しくなってしまいます。


その点を問題視し、SDGsの開発目標として新たに採択されたのが今回の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」という開発目標であるという問題であるわけです。




エネルギー開発の種類にはどのようなものがあるの?

それではエネルギー開発の種類にはどのようなものがあるのかということを調べてみましょう。

エネルギー開発の方法としては一般的に以下のようなものがあります。


・揚水

・石油

・LNG(天然ガス)

・一般水力

・石炭

・火力

・原子力

・風力

・太陽光


この中には一般的にクリーンと言われているものからそうでないものまで様々ありますが、これらを技術革新によってクリーンなものだけを効率的に選び取り、

それによって発電できたものを進化した発電効率によって地球上のすべての人に届けようというのが今回の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」という標語の意味になります。


SDGsメディアIcebergでは今後もSDGsに関する情報をお届けしてまいりますので、応援をよろしくお願いいたします。

0件のコメント
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png