ESG経営とは?SDGsとの違いやメリットを紹介



企業が取り組みを行う活動の1つに「ESG」がある。


「ESG」とは、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(統治)」を組み合わせた言葉で、3つの視点を経営に取り入れるべきとの考えが世界中に広がっている。


この記事ではESG経営とは何か、SDGsとの違いや企業へのメリットなどを解説する。


ESG経営とは


ESG経営とは、ESGの3つの要素を重視する経営方法のことだ。


ESG経営が広まった背景には、2006年にアナン国連事務総長が金融業界に向けて提唱したPRI(責任投資原則)により、ESGを投資判断の新たな基準として推進したことが挙げられる。そのため、ESGの視点が長期的な企業の持続的な発展や成長に多大な影響を与えている。


ESGの具体的な取り組みは、以下がある。

  • Environment(環境):気候変動や環境汚染への取り組み、二酸化炭素排出量の削減、再生エネルギーの使用 など

  • Social(社会):職場環境における男女平等など雇用環境の改善、ダイバーシティ など

  • Governance(統治):情報開示や法令順守 など


SDGsとの違い


SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連で採択された世界共通の目標である。


SDGsは社会、経済、環境の観点から、よりよい社会の実現を目指す持続的な取り組みで、ESGとは国連が提言したことなという点では共通する部分もある。