【徹底調査】 イスラエルの貧困の原因は?子供が貧困?

イスラエルの貧困の原因は何?

イスラエルのGDPは世界30位であるにも関わらず、相対的貧困者が最も多い。この状況を引き起こす原因は「税金・資源・人材の流出」の3つが挙げられる。

イスラエルの消費税は17%、税金の引き上げによって補助金などが削減され、貧困ラインを下回る児童が約4万人増加する見込みである。

彼らの主な産業は農業、観光、ダイヤモンド、ハイテク産業。

国土は四国程度で一部ではオリーブが採れるが、乾燥地帯が国の半分を占める。イスラエルは資源が少なく、情勢に左右されやすい。

テロ・紛争が勃発するとその影響を多くの国民が受ける。


イスラエルは物価・生活費が高く給料が安い。

稼げるハイテク産業に就けるのは全体の8%ほど。そこで彼らは母国を捨て米国を目指すようになる。

米国にはチャンスがゴロゴロ転がっており、勉強の機会も増える。

優秀な人材ほど米国に出向くようになり、自国の発展が望めない状況にある。この状態から脱出する術を彼らは保持していない。


イスラエルの子供達

 パレスチナ問題によって多くの子供たちが被害を受けており、学校や家が破壊され、家族を失った子供たち、巻き込まれて亡くなった子供もいる。

運良く生き残れたとしても、そこには児童労働が待っている。

監視者の元、危険な器具・農薬を用いて仕事を強いられているのだ。

常に危険と隣り合わせで子供にやらせるような仕事ではないが、文句を言いづらい子供の立場を悪用しているのが現状だ。

生まれた家庭が貧しいと親の収入だけでは暮らしていけず、家庭を支えるために働かざる負えない。

そしてこのように児童労働が蔓延る地域では、高水準の教育環境が整っているわけではないため、教育の欠如が連鎖し負のサイクルから抜け出せない状態にある。

労働の人数を増やし、収入を多くするために子供を多く作るが、結局は低賃金で働かされ、悪循環からは一向に抜け出せないのである。

一部の地域で経済が発展していても、貧困エリアを対策しない限り子供たちが負のサイクルから抜け出せる日はこないのだ。

まとめ

全体の8%しか就けないハイテク産業に従事することができたのであれば、彼らが生活難を強いられることはないだろう。

大抵は華やかな部分に目がいく。GDPが世界30位で、イスラエルのテルアビブという都市は世界で最も生活費が高いとされている。

しかし、この裏にはこのような生活とは程遠い暮らしをしている人々がいて、必ずしもイスラエルの全員が良い手持ちのカードを保持しているわけではない。



※WEROAD JAPANでは貧困課題解決に向けたソーシャルビジネスのコンサルティング支援や、投資・金融教育(月額制)を行なっております。

会員登録・お申し込みは本サイトより承りますので、お気軽にお問い合わせください。


0件のコメント
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png