【SDGs】飢餓をゼロに。取り組み事例、私たちにできること

SDGsメディアIcebergでは、これまでにSDGsに関する様々な記事を投稿してきました。

今回は飢餓をゼロにするために私たちができることについて大調査。


飢餓をゼロにするための目標

飢餓をゼロにするために必要なポイントをまとめます。

・すべての人に安全で栄養のある食料を確保する

・あらゆる形の栄養不足を解消する

・持続可能な農業を進める




すべての人に安全で栄養のある食料を確保する

すべての人に安全で栄養のある食事を確保するためには、輸送ラインと生成コストの低減が必要です。

この二つを効率的に下げることができれば、最終消費者に商品を届けるコストを下げることができるので、低価格で多くの人の空腹を満たすことができます。

精製コストは例えば、可能な限りデザインを簡素にしたり過度な梱包をなくすなどです。

パッケージに多くのインクが使われてしまっていたりすると、多くの製品数を作るときにそれだけコストがかかるようになってしまいます。


あらゆる形の栄養不足を解消する

栄養素にはエネルギー源としての栄養素として糖質・脂質・タンパク質があり、これらは三大栄養素といわれています。

そしてこれらに微量元素であるビタミン・ミネラルを加えたものが五大栄養素と言われており生きていくうえで不可欠な栄養素になります。

また、性別や年齢によって必要な栄養素の量は異なりますのでそれらに応じて食品に包含する栄養素も変更しなければなりません。


持続可能な農業を進める

持続可能な農業を進めるためには、後継者不足問題を解消しなければなりません。

若年層の後継者不足問題を解消するためには、学校教育で農業について積極的に教育したり、農家の方との交流を持つことも大切であるといえるでしょう。

その中で実際に自然に触れて、農作物を育てそこでとれた新鮮な野菜を社会に提供するという体験もとても有意義なものになるはずです。


われわれにできることは何か

わたしたちにできることは、まず農業に関心を持ち、日ごろ食卓に並ぶ野菜などに感謝していただくことでしょう。

スーパーなどではよく、農家の方の顔写真などが映ったパッケージなどがあり、生産者との距離感を身近に感じることができる仕組みが成り立っています。

これらをお子さんと一緒に眺めたりして晩御飯の献立を考えるのもいいかもしれませんね。

0件のコメント
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png