【無料】世界ではなく企業に目を向けるべき理由




今回は、ESG(環境:Environment 社会:Social ガバナンス:Governance)に取り組んでいくために、世界ではなく企業そのものに目を向けるべき理由について言及していきたい。

そもそもESGとは、企業が長期的に成長していくために必要な考え方のことを指す。

SDGsは世界レベルで課題に取り組んでいくものだが、ESGは"企業"を中心として考えていることを覚えておきたい。

そこで重要になるのが""になる。

ESGに取り組むのも、企業を長期的に繁栄させていくのも、SDGsに取り組んでいくのも全ては""から始まる。

昔から労働環境に関して様々な改革や声が挙げられてきたが、ESGという考えが普及してきたからこそ、改めて"”に様々な投資をしていくべきではないか。

以下から、企業・人に目を向けるべき理由3つについて言及していきたい。


1つ目:企業の利益繁栄を助長になる

何かを達成したい時・目標にした時についスケールのデカい内容を掲げがちだが、本当に目を向けるべきは""であるべきだ。

企業の根本は"人"であり、その"人"に力を入れていかなければ、企業の利益繁栄には繋がらない。

残業、有給、育休、休日などの労働環境をホワイトかつクリアにしていくことで、従業員のモチベーション向上に繋がり、結果的に企業にも利益が還元される。

日本の美徳とされる我慢や努力ばかりに気を取られていると、企業の利益繁栄に繋がりにくいだろう。

経費削減等で無駄な出費を避けるのは当たり前だが、従業員に対しての出費を拒んでいると結果的に、企業自身にそれが返ってくることを忘れてはならない。

従業員のモチベーションや士気が低いと感じたら、企業の従業員に対する福利厚生等を見直すことで、改善される可能性がある。