【SDGs】平和と公正をすべての人に。日本での取り組み事例は?

更新日:9月29日

今回はSDGs17の目標のうち、「平和と公正をすべての人に」について、日本の取り組み事例を調査してまいりました。

今回の記事を参考にして頂き、みなさんで改めて平和と公正について考えてみませんか?


「平和と公正をすべての人に」具体的なテーマは?

「平和と公正をすべての人に」の具体的なテーマには、

「持続可能な開発のための平和で包括的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包括的な制度を構築する」とあります。

日本には三権分立という制度があり、国会の立法権、裁判所の司法権、内閣の行政権が成り立っています。

そのなかで「平和と公正をすべての人に」のテーマでは、主に各国民が司法権へのアクセスを容易にさせることで、平和と公正を実現していこうという考え方が根幹にあります。




「平和と公正をすべての人に」日本での取り組事例は?

記事の続きは…

www.sophia-community.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む