【企業側のデメリット】SDGs取り組みにおける問題点とは?

SDGsとは、温室効果ガス増加に伴う地球温暖化や、貧困、差別、飢餓、ジェンダー問題などを解決すべく国連が発表した世界の共通の開発目標です。

具体的に17の目標指標が定義されており、日本でも多くの企業がSDGsに取り組んでいます。

企業がSDGsに取り組むことで、消費者や企業イメージが上がるなどのメリットもありますが、デメリットも存在します。

今回は、そんなSDGsのデメリットに着目していきます。




SDGsがもたらすデメリットや問題点とは?

SDGsを知るためには、デメリットも理解しておく必要があります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • SDGsウォッシュ問題

  • コストがかかる

  • 従業員の負担になる可能性

順番にみていきましょう。


SDGsのデメリット①:SDGsウォッシュ問題

「SDGsウォッシュ」とは、企業イメージアップなどを目的にSDGsを上部だけ取り組んでいるようにアピールする行為を指します。

具体的には、SDGsの17つ基準の画像を掲載し、活動内容がうやむやにされていたり、企業の取り組みとは関係のない画像や情報を流すことなどがこれにあたります。


SDGsの取り組みに関して基準を満たしているのかなどの評価指標は存在しませんが、しかし、第三者から「SDGsウォッシュ」と判断されてしまうと企業イメージは一気に下がるものです。

イメージ向上どころか、信頼を損なわないためにも、まずはSDGsにおける理解が必要になります。

SDGsコミュニケーションガイド」を参照し、ホームページに掲載する場合には、具体的に記載することをおすすめします。


SDGsのデメリット②:コストがかかる

2つ目のデメリットとしてコストがかかるということです。

SDGsの取り組み内容次第ですが、リサイクル可能な製品開発やプラスチック削減活動には多額の開発費用・導入費用が発生します。

費用をかけずに、社会貢献することももちろん可能ですが、社会的にインパクトを与えるためにはどうしても費用がかかってしまうことが現状です。

実際に企業に導入する際には、ある程度のコストがかかることを念頭に入れておく必要があります。




SDGsのデメリット③:従業員の負担になる可能性

3つ目のデメリットとして従業員の負担になる可能性が挙げられることです。

一般業務に加えてSDGsへの取り組みを社員でも広めるためには、理解に時間がかかるものです。

社員の立場からすると「業務数が増える」という意見もあるでしょう。

社員からの理解が得られない場合は、業務モチベーション低下にも繋がりかねません。

また、社員の理解がないままSDGsの活動導入をしてしまうと、ホームページでアピールしながら実際は、活動推進されていない「SDGsウォッシュ」を引き起こしかねません。

逆に企業の即戦力を失う可能性があるので慎重になる必要があります。





0件のコメント
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png