「一流への道」



こんにちは、Kenichiです。

本日はコラム的な内容で、今自分が考えていることをお話ししようと思います。


今回のお話は学習するときのスタンスのようなものなのですが、私が大切にしてきて良かったと思うことをお話ししようと思います。


それは、「学ぶならトップから」という発想です。

世の中にはたくさんの書籍や解説書、様々な方々がいらっしゃいますが、何かを学ぼうとするときにはどれだけ自分とかけ離れた存在であると思っても、トップから学ぶようにしてきました。


No.1から学ぶということは、今のこの世界の最先端に洗練された知恵に触れることができると思うからです。

最先端の知恵に触れると、そこから時代を読めたり、人としての生き方を学ぶことができるようになります。

その感覚は私にとって欠かせない感覚であり、人生において最重要ともいえる感覚でもあります。


実名は伏せますが、私は歴史上の人物の物語や生き方を書籍や名言をもって学んできたり、今の時代をときめく様々な人々から学び今に至ります。

そしてその過程で自らの実生活にどう活かせるかを考えてきたことが何よりの財産だと思っています。


その一つ一つの思考努力の積み重ねが独自性のある思考の枠組みとして昇華されていき、現在はこのWEROAD JAPANを運営するに至りました。

このスタンスというのは生涯鍛えていくことで、間違いなく多くの人に貢献できる力を養うことに繋がると確信しています。




人生というのは、不公平なように見えて、公平です。

なぜなら、人は常に「自然から学ぶ」ということができるから。

高尚な専門知識などなくても、自分の頭と心を使えば人はすべてのことから学ぶことができる。


それを、お金のせいにしたり、環境のせいにしてチャンスを失うのは自分自身です。

生きていることはチャンスなのに、周りと比較するからそのことに気づかずにぼーっとテレビをみて時間を浪費するのはあまりにももったいない。

常に今ここから「自分には何ができるのか」「どうしたらもっと良くなるのか」「本当に大切なことは何か」を突き詰めて人生を時の経過とともに面白くしていきたいと思います。

こんなふうにワクワクして生きる人が一人でも多くなれば、世界は財政政策など必要なしにもっと景気もよくなり、街ゆく人の朗らかな笑顔も増えるのではないでしょうか。


このような発想を精神論だと片付けるのは簡単ですが、経済を動かしているのは紛れもない私たち一人一人です。

あなたが飲んだコーヒーの売り上げも、きちんと財務諸表にカウントされてIRとして公表されます。

私たちの精神性と経済観念は常に双方ともより磨き上げて調和させていく余地があります。

そのために私はこのWEROAD JAPANを誇りを持って育てていく思いです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png