【注目】ESG投資とは?懸念点についても独自調査

近年注目が集まる「ESG」投資

言葉は知っているけど具体的にはどんな投資なのか知りたい方も多いのではないでしょうか。


今回SDGsメディア「Iceberg」では、そんなESG投資について、ESG投資とはいったいなんなのか。

また独自の懸念点についても調査してまいりました。


ESG投資って何?

ESGとは、国連が採択した持続可能社会実現への取り組みを目指した目標である「SDGs」とともに注目される考え方です。

ESGは環境、社会、ガバナンスの3軸の英訳の頭文字を合わせた単語で、より持続的な発展可能性を持った企業に投資する活動のことを言います。


従来の投資活動では、主に財務諸表分析を中心とした企業分析を元に投資判断の可否を選択していましたが、ESG投資ではそれらに加え社会との関わりや、環境への配慮、企業統治活動などの社会貢献度の高い企業であるかどうかが判断材料として大きなウェイトを占めることになります。


いまだ認知度が充分とは言えないESG投資ではありますが、様々な企業が取り組みに参加することで徐々に社会に浸透する考え方になってきていると言えるでしょう。




ESG投資の懸念点

ESG投資は、財務諸表分析の他に、環境への配慮などをしている企業を「応援する」という意味合いも強くなり、長期的な保有期間を考えるところがある意味では懸念点と言えるかもしれません。


短期的に利益を上げることを考えた場合には必ずしもESG投資が最適解と言えるかどうかは疑問となります。

しかし、ESGの考え方は全ての企業が目指すべきあり方としてふさわしいと捉える見方もあるので、今後ESG投資という言葉自体が無くなり、株式投資活動そのものが「ESG」活動ということができる時代が来るかもしれません。


まとめ

様々な懸念点や、社会への浸透度合いなどを考慮し乗り越えて今後どのような形でESGという考え方が普及していくのかはとても楽しみなことでもあると言えるでしょう。

私たちの次の世代に、この美しい地球を居心地良く過ごしてもらうためにも私たち一人一人がESG投資に関心を示していくことが大切なのかもしれません。

0件のコメント
投資診断士®︎受講費用 3000円割引!! (1).png