ESG投資の問題点とは?短期的な投資には向かない理由

ESG投資とは、Environment(環境)・Social(社会)・Governance(企業統治)の3つの観点から投資先を選別する方法だ。


かつて投資家は、企業の財務状況をもとに投資先を選んできた。しかし、資金調達したい企業が財務状況を良くするために短期的な利害を追及することで企業の長期的な成長を妨げることが問題視されてきた。


環境問題に積極的に取り組む企業に投資することで、長期的に安定した資産運用を目的としており、結果的に社会貢献に繋がるメリットもある。


メリットが多いESG投資に見えるが、どのような問題点があるのだろうか。


ESG経営に関しては、下記記事も参考にしてほしい。

ESG経営とは?SDGsとの違いやメリットを紹介


ESG投資の問題点

ESG投資の問題点として挙げられるのは、次の3点だ。


  • 短期的な投資に向かない

  • 投資先の選定に時間がかかる

  • グリーン・ウォッシュの企業に気を付ける


それぞれ、解説していく。